土地活用方法

萩市│土地活用で介護施設を検討する場合

投稿日:

萩市│土地活用で介護施設を検討する場合

萩市 土地活用 介護施設

日本の人口は、今後どんどん減少していくと言われています。

萩市での土地活用方法の中には、人口減少が原因で需要が低下すると言われているものも…。

しかし、中には逆に需要の高まりが予想されている土地活用方法も存在します。

その1つが「介護施設経営」です。

介護施設経営とは、

・高齢者人口の多いエリア
・介護需要が多いのに、施設が不足しているエリア

において、介護事業者と共同で施設を開設するという土地活用方法です。

では、萩市での介護施設経営には、どんなメリット/デメリットがあるのでしょうか?

また、萩市で介護施設経営を成功させるためのカギは、何でしょうか?

そこで今回は「介護施設経営」についての情報をまとめました!

ぜひ土地活用方法の検討材料にしてみてください。

①介護施設経営のメリット/デメリット

萩市で土地活用方法を検討する際には、

それぞれのメリット/デメリットをしっかり理解することが重要です。

では、介護施設経営のメリット/デメリットについて、詳しく見ていきましょう。

介護施設経営メリットin萩市

(1)今後も需要が伸びることが予想されている

先にも書いた通り、介護施設の需要は、萩市でも今後も伸び続けることが予想されています。

日本では人口減少とともに、少子高齢化が進んでいます。

しかしながら、萩市でも介護施設の数は圧倒的に足りていません。

そのため、特に高齢者人口の多いエリアなど、萩市の中でも介護需要の多いエリアでは、

安定したニーズが得られることが考えられるのです。

(2)ほかの土地活用方法に比べ、高い利回り・収益性が期待できる

ニーズが安定している分、萩市の一般の賃貸住宅と比べた際、高い利回り・収益性が期待できます。

(3)通常の住居だと運営が難しい土地でも、対応できる

萩市でのアパート経営など、通常の住居系土地活用の場合、駅から近いことは重要なポイントです。

駅から遠ければ遠いほど、入居者がつきにくくなってしまうからです。

しかし、介護施設の場合は、例え駅から遠くても、周辺の生活利便施設さえ整っていればニーズがあります。

また、萩市で面積の大きな土地を持っている人にも、介護施設経営は向いています。

通常の住居系土地活用の場合、

面積の大きな土地に賃貸住宅を建築しようとすると、投資額がかなり高くなります。

投資額が高いのに、大きすぎる賃貸住宅を建ててしまうと、需要と見合わず、

空室が目立ってしまう結果になりかねません。

しかし、萩市に限らず介護施設の場合は、むしろある程度まとまった土地が必要となります。

広い施設を作るからです。初期投資がかさむのは同じですが、ニーズもあるので、

通常の住居よりは高い利回りが期待できます。

(4)社会貢献性が高い

「自分の資産を、社会のために活かしたい」とお考えの方には、介護施設経営はぴったりです。

萩市での土地活用方法の中でも、最も社会貢献性が高いと言えるでしょう。

(5)修繕費などのランニング費用が、安く済む場合が多い

建物を建てた後に、どうしても気になるのが修繕費。

初期コストだけでなく、将来かかるランニングコストも頭に入れて計画を立てるべきです。

ランニングコストという点で考えたとき、介護施設経営は優れています。

介護施設経営の場合、建物内部の設備などにかかる修繕費は、運営を行う介護事業者が負担することが多いです。

そのため、萩市でも土地オーナーが支払うランニングコストは、安く済む場合も多いのです。

(6)施設によっては、補助金や助成金が支給される

自治体によって異なりますが、介護施設の開設・運営に際して、補助金・助成金がもらえることもあります。※詳しくは萩市役所に確認して下さい。

これも、介護施設経営ならではのメリットですね。

(7)節税効果が高い

萩市で住居系の介護施設を建てる場合は、節税効果が非常に高いです。

住居系の土地活用の場合、土地を持っているだけでかかる固定資産税や、相続税を安くおさえることができます。

介護施設経営デメリット

(1)まとまった土地が必要

介護施設は、ある程度広い建物が必要です。

そのため、それを建築するためには、萩市でも面積の広い土地が必要となります。

(2)初期投資がかなり高額

広い土地に、広い建物を建てる分、初期投資はかなり高額になります。

だいたい、数億円単位はかかってしまうのが一般的です。

(3)運営事業者を探す必要がある

介護施設経営のためには、萩市で施設を運営してくれる介護事業者を探す必要があります。

(4)施設によっては、自由に建築できない場合もある

自治体によって異なりますが、施設によっては総量規制がかけられていて、

そもそも新しく建築することが認められない場合もあります。

(5)特殊な建物なので、転用性が低い

介護施設は、萩市のほかの建物とは違った少々特殊な構造です。

その分、ほかの用途で使うのは難しく、転用性が低いというデメリットがあります。

そのため、運営を行う介護事業者が建物を中途解約してしまった場合には、

次の借り手がなかなか見つからないという事態に陥りかねません。

事業者との契約内容に、中途解約した場合のペナルティを設定しておくなど、

慎重なリスクヘッジを行っておく必要があります。

(6)住居系以外の施設では、節税効果が薄い

住居系以外の介護施設では、住居系土地活用ならではの節税効果を得ることができません。

固定資産税や相続税などを抑えたい方は、注意が必要です。

②介護施設経営、成功のカギin萩市

介護施設経営には、さまざまなメリット/デメリットがあることがわかりましたね。

では、いったいどうすれば失敗なく萩市で介護施設経営をすることができるのでしょうか?

そのためのカギを、2つご紹介します。

自分が介護施設経営に向いているか、チェックしよう!

介護施設経営には、自分の持っている萩市の土地の条件などにより、向き不向きがあります。

まずは、自分が介護施設経営に向いているかどうか、チェックしてみましょう。

チェックポイントは以下の通り。

・所有地の面積が広い

・所有地が駅から遠く、土地活用に困っている

・安定性・収益性の高い土地活用がしたい

・自分の土地を使って、社会貢献したい

必須条件とも言えるは、所有地の面積の広さです。

先にも書いた通り、介護施設はある程度広い建物が必要なので、

それが立てられるだけのまとまった土地が必要となります。

また、所有地が駅から遠く、萩市で通常の賃貸住宅経営が難しいと悩んでいる方にもおすすめ。

介護施設なら、駅から遠くても、周辺の生活利便施設さえ整っていればニーズはあります。

さらに、介護施設は萩市でも今後も需要拡大が見込まれており、安定性・収益性も抜群。

何より、自分の土地を社会のために活用できるというのは、大きな利点でしょう。

介護施設は、さまざまな条件で建設自体が難しい場合もあります。

逆に、

・所有地の面積が狭い

・所有地のエリアには、高齢者人口が少ない(ニーズがあまりない)

・所有地のエリアでは、介護施設建設に規制がかかっている

と言う場合は、選択できない土地活用方法ですね。

しかし、萩市である程度まとまった土地を持っていて、

上に挙げたチェックポイントにどれかあてはまっているなら、検討価値の高い土地活用法だと言えるでしょう。

プロに相談しよう!

萩市で土地活用を具体的に考え始めたのなら、プロに相談してみましょう。

とはいえ、業者はたくさんいます。

むやみやたらに相談するのではなく、

・土地活用専門の担当者(部署)を選ぶ

・複数の業者を比べてから、条件交渉する

というのが重要ですよ。

そもそも、萩市で業者をどう見つけたらいいのか分からない!

という方には、一括資料請求サービスがおすすめです。

WEB上のこのサービスを使えば、自分で直接業者に連絡する手間なく、

たくさんの業者の資料をいっぺんに取り寄せることができます。

萩市でも土地活用は、業者によって大きく左右されるといっても過言ではありません。

萩市の同じ土地であっても、業者や担当者により、提案内容や条件には差があるのです。

そのため、できるだけ多くの業者をあたってみてください。

ご紹介した「成功のカギ」を参考に、満足のいく土地活用ができるよう、祈っています。

萩市土地活用プラン一括比較

萩市で土地の有効活用を行うのであれば、1つでも多くの可能性を知って、しっかり検討する事が大事です。

ここで紹介した方法だけが萩市の土地を活かす方法ではないので、
次の様な一括資料請求サイトを利用して、どのようなプランがあるのか見比べてみるのも勉強になると思います。

HOME4U

⇒土地活用の無料プラン比較【HOME4U】


萩市地価ランキング

萩市の地価が高い土地、上位5エリアを紹介しています。
※平成29年地価公示

順位 所在(住居表示)

最新年価格(円/㎡)
1 山口県 萩市大字土原字土原135番1外 30,800
2 山口県 萩市大字川島字川島452番3 32,300
3 山口県 萩市大字椿東字上野台1108番6外 19,700
4 山口県 萩市大字土原字川島沖田487番2外 59,600
5 山口県 萩市大字今古萩町字今古萩町40番3 33,100

-土地活用方法

1,000万以上の差がでます。
土地活用で差がでた理由とは?
利用者数700万人
土地活用ビギナーの基本

Copyright© 俺の不動産 , 2018 All Rights Reserved.