土地活用方法

田村市の土地をトランクルームとして活用する

投稿日:

田村市の土地をトランクルームとして活用する

田村市 トランクルーム

田村市でも土地活用の1つとして注目が集まっているのがトランクルーム経営です。

ですが市場においての認知度はまだ低いと言えます。

・トランクルームとは何か?

・トランクルーム経営のメリットとデメリットは?

といった疑問を持つ人も多いと言えます。

ここでは「トランクルーム経営」についての情報を紹介していきます。

1.トランクルーム経営とは?│田村市土地活用

トランクルームというのは日常的には使用しない荷物を預ける場所、貸しスペースを指します。

個人、法人で契約して利用料を支払うことで使用することが出来ます。

トランクルームは大別して2種類のタイプが存在し、コンテナ型とルーム型とがあります。

コンテナ型は田村市でも郊外に多く存在するトランクルームで、コンテナをずらりと並べただけのモノ、

コンテナに廊下、階段を設置した施設などがあります。

ルーム型は都市部に多く、日当たりが良くない1階、空き部屋、空きフロアといった入居者が存在しない建物の一部を活用したモノです。

ロッカー、パーテーションなどで場所を区切りトランクルームとして活用しています。

ちなみにトランクルームは日本ではまだあまり浸透していませんが、欧米では普通に使われています。

それに田村市含め日本においても近年トランクルームの利用者は増加傾向にあります。

そしてトランクルームを経営することをトランクルーム経営と言います。

トランクルーム業者と共同運営する形式が一般的で、運営方式は次の3つに分けることが出来ます。

①事業用定期借地方式

田村市の土地のみをトランクルーム業者へ期間限定で貸す方法

②リースバック方式

コンテナなどのトランクルーム施設を土地の所有者が建築して、その建物と田村市の土地をトランクルーム業者へ貸す一括借上げ方式。

③業務委託方式

土地の所有者が設備投資、経営を行い集客と管理だけをトランクルーム業者に委託する方法。

2.トランクルーム経営のメリットとデメリット│田村市

トランクルーム経営は比較的にメリットが大きいと言われているのを聞いたことがある人も多いと思います。

これから具体的なメリットを紹介していきます。

あと気になるのがデメリットについてだと思います。

ここではそんな田村市でのトランクルーム経営のメリットとデメリットを説明します。

◇メリット

(1)将来的に需要が大きく利益が見込める

日本住宅は一戸当たりの面積が小さく、特に賃貸住宅の場合は収納スペースが不足している人が多いと言えます。

田村市に限らず今後の日本は人口減少しても一人当たりの居住スペースの狭さは解消されないと考えられています。

そんな背景により荷物を預けることが出来る「トランクルーム」の需要は今後大きくなると言えます。

全国的に見てもニーズが高まっているのが分かるので、トランクルーム経営は数ある田村市での土地活用の方法の中で人口減少しても需要が見込めるのが大きな利点と言うことが出来ます。

(2)投資額は少なくて利回りが高い

トランクルーム経営は少額の費用で始めることが出来るのが魅力です。

また投資したお金も短期間での回収が見込めるので利回りが高いと言えます。

(3)土地を選ばないで経営が可能

・田村市中でも日当たりが悪い土地

・周囲の騒音が気になる場所

・周囲に賃貸住宅が立ち並び飽和状態

・所有している建物に空室、空きスペースが存在する

そんなどうしたらいいのか分からない土地や空室で悩んでいる人も少なくないと言えます。

ですがトランクルーム経営なら田村市内でも土地を選ばず活用することが出来るのでとてもお勧めです。

トランクルームというのはモノを保管する為の施設と言えます。

だから住環境が悪い土地でも、古い物件の一室であっても、モノを保管することが可能なら場所を選ばずに経営することが可能です。

中でも日当たりが悪い土地は住居系の経営は活用が難しいと言えますが、トランクルームの場合は逆に都合がいいのです。

日が当たらない方が保管環境として適しています。

◇デメリット

(1)限られた地域でしか建築が出来ない

トランクルームを新しく建てる為には注意が必要と言えます。

建築基準法の用途地域の制限があるので田村市でも所定の地域でしか建築することが出来ません。

(2)新規業者が参入することで需給バランスが崩壊するリスクがある

トランクルームは将来性がある成長事業と言えますが、

それ故に新規参入する人が多いと言えます。

だから今は稼働率がいいトランクルームでも、近くにもっと条件がいい業者が出来れば利用者はそちらに行ってしまいます。

(3)人の出入りが少ないので治安が悪化しやすい

トランクルームは常時人がいる訳ではありません。

比較的人の出入りが少ないから治安が悪化しやすいといったデメリットがあります。

(4)他の土地活用と比較し節税効果が悪い

土地の所有者としては大きなデメリットと言えます。

田村市での他の土地活用、中でもアパート経営は土地活用をすることで大きな節税効果があります。

それに対してトランクルーム経営は

・固定資産税

・相続税

といった特例は受けられません。

例を挙げると住宅用地は固定資産税が最大6分1に軽減します。

ですがトランクルームの場合はその恩恵はありません。

だから田村市でも地価が高い地域は税金面を考慮すると土地活用方法により収益に大きな差が出てしまいます。

3.トランクルーム経営成功のポイント│田村市

トランクルーム経営はいろいろなメリットとデメリットが存在します。それではどうしたら失敗のリスクを減らしてトランクルーム経営をすることが出来るのか?

成功のポイントを2つ紹介します。

トランクルーム経営に適しているかを確認する

トランクルーム経営には自分が所有している田村市の土地の条件により向き不向きが存在します。

だからトランクルーム経営に適した土地かどうかを確認することがすることが重要です。

その為のチェックポイントは次の通りです。

・所有地は住環境が悪い

・所有地である場合は賃貸住宅が飽和状態

・駐車場経営をしているが埋まらずに困っている

・所有している建物の空室、空きスペースを何とかしたい

・土地活用をするのなら投資を短期間で回収したい

いくつ該当しましたか?

トランクルーム経営一番の利点は土地を選ばずに経営することが可能な点です。

田村市での土地活用が困難で悩んでいる人にお勧めです。

新築物件に限定せず既存物件の空室、空きスペースを有効活用することが出来ます。

既存物件でもリフォームをしたらトランクルームに利用できるので築年数に関わらず経営が出来ます。

実際のところ都市部のルーム型トランクルームの大半は既存物件のリフォームです。

さらに少ない投資で始めることが出来利回りが高いのも特徴です。

だから投資を短期間で回収したい人に最適です。

一括資料請求サービスを上手に活用

トランクルーム経営の場合はトランクルーム業者、建築会社と共同で運営を行います。

そんな業者を田村市で探すのにお勧めしたいのがネットの「一括資料請求サービス」です。

このサービスを利用したら複数の建築会社の資料を簡単に集めて、比較検討をすることが出来ます。

そんなサービスをしているサイトは10社以上存在しますが、

特にお勧めできるのが「HOME4U 土地活用」と言えます。

・対応エリア

・対応種類

・参加企業

・実績

に優れていて信頼して利用することが可能です。

自身で直接問い合わせをせずに多くの業者を比較することが出来るから、

田村市で土地活用を検討している人は利用してみて下さい。

田村市土地活用プラン一括比較

田村市で土地の有効活用を行うのであれば、

1つでも多くの可能性を知って、しっかり検討する事が大事です。

ここで紹介した方法だけが田村市の土地を活かす方法ではないので、

次の様な一括資料請求サイトを利用して、

どのようなプランがあるのか見比べてみるのも勉強になると思います。

HOME4U

⇒土地活用の無料プラン比較【HOME4U】


田村市地価ランキング

田村市の地価が高い土地、上位5エリアを紹介しています。
※平成29年地価公示

順位 所在(住居表示)

最新年価格(円/㎡)
1 福島県 田村市滝根町神俣字河原84番2 13,700
2 福島県 田村市滝根町神俣字一ノ坪73番1 10,000
3 福島県 田村市船引町船引字扇田59番2 22,800
4 福島県 田村市大越町上大越字求中107番1 6,300
5 福島県 田村市船引町船引字石崎15番21 20,000

-土地活用方法

1,000万以上の差がでます。
土地活用で差がでた理由とは?
利用者数700万人
土地活用ビギナーの基本

Copyright© 俺の不動産 , 2018 All Rights Reserved.